3/01, 2010

2010-02-26ライブ

Filed under: Live Reports — webmaster @ 11:51 am

■2010年02月26日@赤坂グラフィティ
若林マリ子(vo&guitar) with 熊谷太輔(perc),ゲスト:西村哲也(E.guitar)

1.『ご近所の愛』
2.『good afternoon』
3.『あふれる想い』
4.『gradation』
5.『海豚の歌う日』(作詞作曲/西村哲也)
6.『夜のカフェ』
7.『on the grass』
8.『オキガリヤルバイ』
9.『station』

アンコール
10.『hide and seek』

今年最初のステージ、一曲目はマリ子さんの弾き語りで『ご近所の愛』。久々に歌われたこの曲は最近引っ越しをしたこともあり選ばれたそうですが、アルバム”end of a rainbow”でもオープニングを飾っているだけあり幕開けにピッタリ、素敵なスタートになりました。
2曲目以降はお馴染みだいちゃんこと熊谷太輔さんと、京都からのゲスト西村哲也さんが参加。様々な奏法を駆使した西村さんの演奏はそれがギターであることさえ思わず忘れさせられるような広がりをみせ、お馴染みの曲もひさびさの曲もそれぞれに独特の彩りが加わって行きます。
そして、中盤ではマリ子さんの歌声で彼の作品『海豚の歌う日』を演奏。西村さんは本当に良質な曲を作る方ですね。これはこの日のライブならではの素晴らしいプレゼントだったと思います。
さてさてライブも終盤、「わかりやすく」というお話で始まった『station』。一体どんなことなのかと思っていたらなんとマリ子さんとだいちゃんの掛け合いボーカル!これには意表をつかれました。まさか歌の中の彼氏の役をだいちゃんが買って出るとは…この新趣向はとっても楽しかったですね〜、またぜひ演ってほしいところです。

HTML convert time: 0.049 sec. Powered by WordPress ME